バカンからの寝台列車が脱線いたしました

ついに、という感じではございますが、いよいよヤンゴン管区内でも
暴動が発生いたしました。
 
場所はピー方面へ直線で80Km程にあるオッカンの町で、30日に発生いたしました。
 
すぐに治安部隊が制圧に入ったそうで、今のところはそれ以上の広がりは見せておりませんが
1名の方が亡くなったそうです。
 
時期を同じくして、弊社のお客様が30日の夕方にバカンを出発した寝台夜行列車に
乗車していた訳ですが、1日の予定時刻はおろか、午後になっても到着しません。
 
ヤンゴン駅に問い合わせをしても、遅れている、としか回答が得られません。
 
列車は今回暴動が発生したオッカンの町も通過することから
大変心配をしていた訳ですが、その影響で何かが起こった訳ではなくて
場所はハッキリしませんが、バカンから7時間ほど走った辺りで食堂車が脱線し
立ち往生したそうです。
 
復旧には相当な時間が掛った模様ですが
朝の到着予定だったものが、何と18時の到着と
都合26時間を費やして何とか無事に到着した次第です。
 
まだまだですね、ミャンマーの列車の旅。

列車のご利用には、くれぐれもご注意くださいませ。


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA