Indawgyi湖

ミャンマーにあるIndawgyi湖は東南アジアで最大の内陸湖でございますが
カチン州のMoenyin 町にあります。

Indawgyi湖は東西に8マイル、南北に15マイルほどです。
周辺にはカチン族とシャン族が暮らしています。

湖の中にはSHWE MYINTZUという有名なパゴダがあります。
こちらのパゴダのお祭りは毎年3月頃に行いますが、この時期には一年中水中に
あったパゴダに行く道が、この時期だけ水上に現れます。

州都Myintkyinaから Indawgyiへ四駆車で日帰り(冬、夏)出来ますが
片道で6~7時ほど掛ります。


 
湖の周りには20の村があり、彼らの主な職業は農業です。

Indawgyi湖はIndawgyi湖野生生物保護区内にありますが
自然保護区は約300平方マイルで構成し、希少動物種の多様性が見られます。
これは環境や野生生物保全の懸念があり、1999年に設立されました。
皆様も、是非行ってみてくださいね!!!!

                                   TZ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA