ミャンマーのティーショップ

ミャンマーでは、小さなティーショップ屋台が歩道の周りに点在し
カラフルなローカル製のスツールセットで軽く音楽を流すことが共通の場面です。
ミャンマーでは多くのお茶のお店や屋台があります。
 
ティーショップが集まると、会うために最も有利なスポットの一つです。
若者から年寄まで、学生やビジネスマンもたむろしたい場所です。
お店はほとんどが午前6時から終日オープンして午後10時までです。

特別なメニューはビルマ(Lat Phat Yay)と呼ばれるミルクティーです。
しかし飲み物の中で人々が注文を観察すれば指定するには
別のビルマのスラングを使用しています。一般的に好みのタイプに基づいて7オプションがあります。

Cho Kya  (甘いと苦いです)
Pon Hman (通常の甘さと、通常の苦味)
Pot Kya  (あまり苦味です)
Cho Pot  (あまり甘くない)
Pot Saint (少ない砂糖、少ない苦味、よりクリーミー)
Kya Saint (クリームとより苦味)
Cho Saint (少ない砂糖、多くのクリーム)

味はお店のティーマスターによって異なります。
甘みや苦味の分量を変えて、3つの主要な成分でお茶を作ります。
ミルク、砂糖とクリーム。ですからティーマスターは店での鍵でございます。

しかしティーショップにはミルクティーを提供するだけでなく食べ物も多いです。
食べ物には(Sa Mu Sar)、(E Kyar Kway)、(Pa lar Tar)や伝統的なケーキも有ります。

これをビルマの人々は通常ミルクティーと一緒に朝食のために持っている小麦で作られたスナックです。
茶の価格も安いです。皆様もティーショップを見るとお出でになってお召し上がり下さいませ。

                                                    Kyawt Kyawt


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA