Mying Hay Wun Elephant Camp

場所:  
ヤンゴンのTaikky区に広さ10エーカー、1986に設立されました。

アクセス:
ヤンゴンからPa-Lonへは車で60マイル(96km)の距離
Pa-LonからKwan Ti Myaungへ車で8マイル(13km)距離(ピッチ道路ではない)
Kwan Ti MyaungからMyaing Hay Wun へ(林道)4.5マイル(7km)距離でございます。

目的:  
現在の象の看護キャンプから象の研究キャンプになるために開発すると促進するとの事です。

野生生物:
象、ガウル、バンテン、Barking Deer、イノシシ、野生の猫、マクジャク、アカオタテガモ,
リュウキュウガモ、キュウカンチョウ、キジ、ウズラ、セキショクヤケイ、鳩、ガモ、蝶、蛇、
オオトカゲ、地上トカゲ、草トカゲ、カメレオン

見学とレクリエーション:
・雌の象に食品を供給することの活動
・La-har-ma-ngeと言う養魚池で魚釣りを楽しみがら多種の魚と水上の生き物を見学
・Sinte(象を置く場所)の近くに木材(Pyinkadoe)の植える場所を鑑賞しながら(鳥の音も聞き)
・森の中のハイキングや登山
・国内象のトレーニング
・キャンプの周りの象乗り
・野生の象を捕獲
・プログラムの保全、開発と研究の活動
・象の人造的な受精の研究 (EAI)Elephant Artificial Insemination
・EAI方法で象の個体群を増やし

                                  ZT


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA