ナッタリンの大仏

日本代表の鎌倉大仏と似っているような大仏は現在、殆の工事が完成して参拝するようになりました。

その大仏をバゴーDivision,ナッタリン町県、Taung Nyo Myo Thit, Aung Thar Yar Quarter,

Lawkachartharパコダの境界の中に建設しました。パゴダの仏身高は 18 taung(taungというのはミャンマー語で高さを言う言葉)

です。その大仏を建設中は、大きな蝶さんたちが来て参拝するそうです。

建設をはじめたのは2013年4月からです。

KTTH


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA