電柱倒壊

本日は10時過ぎから停電が発生しておりますが
その後に外出しましたら偉く渋滞が発生しています。

行きは反対方向に走ったので事情が分かりませんでしたが
帰りに反対方向から戻って参りまして事情が分かりました。

そう、ダイナトラックのバスが歩道に乗り上げて、電柱を壊した事が
どちらの原因もあった訳でございます。

電気局の人も下見に来ておりますが、複数の電柱が倒れたり
電線が落下しておりますので、復旧には数日掛るかも知れません。

場所はカバーエパゴダ通りとガンダマー交差点付近。

電線はここでも裸電線ですので、事故が起こった際には感電した人も
居たかも知れませんね。

しかしながら、裸電線よりもっと危険率が高いのは
道路を猛スペードかつ公道レースのごとき危険運転をする、これらバスやタクシーかも知れませんね。
 

乗ってみないと分からないのですが、正にロシアンルーレット状況でございます。

運転経験がある方なら直ぐに分かると思われますが
急激な割り込みの際に、相手が避ける事を前提とした様な運転でございますので
相当にリスキーです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA