シングルベットとシングルユースについて

誰が見てもすぐ分かりますね、狭いシングルベットで、勿論一人用です。
 
ホテルのシングルルームの場合は、この様な一人用ベットが一つ設置されているのが基本です。
 

こちらは、シングルベットが二つ設置されたツインルームで2人用です。
 

こちらは、ダブルベットが一つ設置されたダブルルームで2人用です。
 
しかしですが、ホテルとしては部屋の全体構成として、シングルルームを沢山作ると効率が悪くなります。
全室がシングルルームだったら家族やカップルには全く売れないという状況が明らかですね。
 
ホテルによって、その組み合わせは腕の見せ所である訳ですが
最近の傾向としてはダブルベットとツインベットの数が多い様には思えます。
 
ホテルとしては、シングルルームで予約が入った場合には
本当のシングルルーム(シングルベット1つの部屋)から埋めて行き
足りなくなったらダブルやツインのお部屋へ無償でアップグレードをする訳です。
 
お客様や手配する旅行会社としては、こちらのケースはあくまでもシングルルームでの
予約であり、結果としてホテルが無償でアップグレードをしている状態です。
 
ところがですが、最初から大きいベット(ダブルやキングサイズ)を希望
あるいはツインベットのお部屋を希望の場合は、シングルルームで予約をした
場合は確約出来る物ではなくて、それはあくまでもリクエストベースであり
結果が保障される物ではありません。
 
どうしても最初から、それを確約した場合は、最初からダブルベットルームか
ツインベットルームをご予約頂いて、2人が泊まれる料金をご負担頂く事になり
その利用形態としては〇〇ルームのシングルユース(あるいはsingle occupancy)となる訳です。
 
案外、この辺りを混同しているお客様が多くなっております。

高級なホテルの場合は、最初から狭いシングルベット設置の可能性は少ないですが
中級以下のホテルの場合は、やはりシングルルームには、シングルベットが1つだけと
お考え頂いた方が良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA