大韓航空の遅延

昨夜大韓航空(KE)便でご到着のお客様ですが、発達中の低気圧の影響か
到着時刻が1時間以上遅延して、実際にヤンゴン空港へ到着したのは夜半過ぎでした。
その結果、各種の手続き後にホテルへ到着したのが01:00ころとなりました。
 
こちらのお客様は翌朝の早朝便(06:30発)でバカンへ向かう予定。
 
国内線のチェックイン時刻は通常1時間前なので05:30にヤンゴン空港着。
ホテルから空港へは30分程度見なければいけないので、ホテル出発は05:00
遅くても04:30に起床なので、3時間休息出来るか、どうかと言ったところです。
 
昨夜宿泊のホテルはバユンナン(Bayint Naung)という一般的には
観光用途ではなかなか利用しない地域での宿泊で、何台かのタクシーに聞いても
ホテルの場所がさっぱり分からないほどのマイナーなホテル。
 
最近はネット専業でホテルを売っているサイトから予約する方が増えておりますが
深夜着ということもあり、現地到着後に対応に窮する方が増えて来る可能性も高くなっております。
 
幸い昨夜はお客様をホテルへ送って差し上げたのでまだ良かったですが
自力で動かれる方は、タクシー代は事前交渉性という事もあり場所の説明を含めて
かなり苦労するかも知れませんね。
 

今日の天気図を見ますと、悪天の前触れである2つ目玉の低気圧で
この形の場合のその多くは悪天を伴います。
昨夜の大韓航空の遅延もこの影響かと思われます。
 
「山や」の場合、この状況下無理に山へ突っ込むと山岳遭難などもお越し勝ちで
要注意であり、気象庁からも、以下の情報が出ております。

大雪と暴風雪に関する全般気象情報 第3号

平成24年12月30日05時17分 気象庁予報部発表

(見出し)
30日は、北海道地方で湿った雪が降り大雪となる所があるでしょう。31
日は、冬型の気圧配置が強まり、大雪や暴風雪のおそれがあります。大雪や
暴風雪に警戒してください。また、関東地方の海上では、30日夜を中心に
非常に強い風が吹くため、暴風に警戒してください。

(本文)
[気圧配置の予想]
 30日は、日本海中部にある低気圧と東シナ海にある低気圧が、発達しな
がら北東に進むでしょう。低気圧の通過後は、次第に冬型の気圧配置が強ま
るでしょう。

[防災事項]
<大雪・暴風雪>
 北海道地方では、30日は日本海を進む低気圧の影響で湿った雪が降り、
大雪となるでしょう。31日6時までの24時間に予想される降雪量は、北
海道地方の多い所で50センチの見込みです。

 北海道では、大雪に警戒し、着雪やなだれに注意してください。

 31日から1月1日にかけては、冬型の気圧配置が強まるため、北日本日
本海側を中心に、降雪が強まり大雪となるでしょう。また、風が非常に強く
吹き、北海道では猛ふぶきとなる所があるでしょう。

 北海道を中心に、局地的な大雪や猛吹雪による交通障害に警戒してくださ
い。

<暴風・高波>
 発達する低気圧や冬型の気圧配置が強まる影響で、31日にかけて全国的
に風が強く、海はしけるでしょう。
 低気圧が発達しながら進む関東地方の海上では、30日夜を中心に非常に
強い風が吹き、暴風となるでしょう。

 31日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  関東地方            25メートル(35メートル)
 の見込みです。

 関東地方の海上では、暴風に警戒してください。また、31日にかけて全
国的に強風や高波に注意してください。

[補足事項]
 地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意してください。
 次の、「大雪と暴風雪に関する全般気象情報」は、30日17時頃に発表
する予定です。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA