待ちに待ったクレジットカードの利用が始まりそうです

この11月3日にセドナホテルにてビザ・インターナショナルと国内民間銀行3行
(Kanbawza Bank, Co-operative Bank, Myanmar Oriental Bank)との間で
ミャンマーでのVISAクレジットカード利用開始に向けた調印が行われました。
 
昨年3月の民生移管以降、ミャンマーでの改革は急ピッチで進められておりますが
この先も来年12月の東南アジアゲームス、世界経済フォーラム(東南アジア2013)、
2014年のASEAN議長国等々と世界が注目する行事も目白押しです。

この間アメリカの金融制裁を受ける中で、ミャンマーではクレジットカードの利用は
全く出来ませんでしたが、この間の一連の制裁緩和等に依り、クレジットカード利用の
道が開かれました。
 
ニュース報道では早ければ、年明けの2013年1月から開始したいとされています。
 
当面はカード会社の設立が間に合わない事により、上記3行がカード会社の業務も
担う事になりそうです。
 
カード利用が始まりますと、国内でのカード利用は勿論のこと、提携ATMにて
キャッシングも可能となり、ビジネスマンを始め旅行者は非常に便利になります。
 
また、先のニュースではマスターカードもCo-operative Bankとの間で締結が済み
既に同行ATMでのキャッシングサービスが始まっているとされています。
 
演説するMr Peter Maher(Visa Group country manager of Southeast Asia and Australasia)

U Mg Mg Win (chairman of the Myanmar Payment Union) 別の会議から


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA