ゴールデンロックは金箔張工事が始まってます

ミャンマーでは何れのパゴダとも、数年に一度は金箔を貼りかえるなどのお化粧直しが行われますが、人気の参拝先であるゴールデンロックも例外ではありません。

2019年の1月21日から金箔張替の工事が開始されているそうで、現在の予定では3月上旬には終了する予定とのことです。

この後足場に沿って金箔が飛ばない様に菰(カバー)を掛けてしまいますので中が良く見えなくなってしまいますが、今年は観望台側は透明なビニール張りにするらしいので、少しは中の様子が分かるかも知れません。

ゴールデンロックでの見所は、基本的にその金箔が貼られた大岩のパゴダ以外には見応えがある見所はありませんので、工事が終わる3月上旬までにゴールデンロック参拝をご計画中の皆様は、ご再考なさる事をオススメさせて頂きます。

工事終了後には、きっと綺麗なお姿戻る事でありましょう。

(写真は2019年1月23日の様子)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA