民族衣装のご紹介

ミャンマーは8地方域と7州で構成されました連邦共和国でございます。

ミャンマーには沢山の少数民族が居て、各民族ともそれぞれの独自の文化と衣装を持っていますが、

その中から7州を代表する民族の伝統的な服装とバマー人の伝統的な服装のをご紹介いたします。

 

  • カチン族の服装

カチン族には12種類の族がございます。この服装は主なカチン族の服装で、ミャンマーに居る民族の服装の

中で人気がある服装でございます。毎年1月頃に行われるカチンマノー祭りでよく見かけます。

 

  • カヤー族

カヤー族には9種族があって、この服装は主なカヤー族の伝統的な服装で

ございます。ミャンマー観光客なら誰でもご存知のバタウン(首長)もカヤー族の少数民族です。

  • カイン族の服装

カイン族には11種類の族があって、この服装は主なカイン族の伝統的な服装でございます。

 

  •  モン族の服装

モン族は一つの種類のみあります。この服装はモン族の伝統的な服装でございます。

 

  •  チン族の服装

チン族には53種族があって、この服装は主なチン族の服装でございます。

チン族の服装も人気がある服装でございます。

  •  ラカイ族の服装

ラカイ族には7種類の族があって、この服装は主なラカイ族の服装でございます。

 

  • シャン族の服装

シャン族には33種族があります。この服装はよく見かけられるシャン族の服装です。

シャン族の服装も人気がある服装でございます。

  • ビルマ族の服装

ビルマ族には9種族があります。ビルマ族の普段の正式な服装としては男性の場合は

長袖のシャツとロンジ―、女性の場合はロンジ―と長袖の上着の上で薄いショールを羽織るスタイル

でございます。

 

儀式の際には、男はミャンマースタイルの帽子を被って出席します。

結婚式には、花婿や両側のお父さんがミャンマースタイルの帽子を被っている姿を

よく見かけます。

各民族の伝統的な服装は祭りとか、大事な儀式、結婚式などで着る事が多いです。

ヤンゴン周辺にあるタンリン少数民族村には有料で、各民族の服装を着られますので、訪問の

際には、是非ご着用くださいませ。

 

★ミャンマー旅行に関する様々なお手配はさくら観光にお任せくださいませ。

Thawdar

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA