バガンでの魅力的な一つの物

最近、ローカルの中で手塗りが流行っています。

バガン旅行の記念として、手に絵を描く事に関心がある人が多くなったそうです。

バガンのパゴダで生地に絵を描いた仕事をしている画家などが描いているそうです。

漆器などに描いているバガンのイメージを感じられる花の模様、王子と王女、壁画などを

描くのが多いそうです。自分が描きたい絵なども描いて頂けるそうです。

なお、描いている場所の隣にある木などに Zawgyi人形、王女人形、馬人形などを

ぶら下げておりますので写真を撮る人などで賑やかになっております。描いた絵を消さなければ

3日間ぐらいはそのまま残るそうです。皆様もミャンマーへ訪問の際に試してみませんか?

★バガン観光についてのお問合せは「さくら観光」まで

なお、ミャンマー旅行に関する様々なお手配はさくら観光にお任せくださいませ。

 

Thawdar


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA