72の法則

上はとあるミャンマーの銀行通帳です。

暫く放置になっていたものを、思い出して記帳してみました。

利息

↑ こちらのPDFを開いて、詳細ご確認ください。

 

最近の金利(普通預金)がどうなっているか計算してみたら・・・

4年弱の間の金利は8.2%くらいである事が分かりました。

72の法則で計算してみると、おおよそ8年9か月で2倍になる事が分かります。

事例の3年9か月でも、元金に対して既に35%分の利息が付いた事が分かります。

72の法則とは「元本が2倍になるような年利と年数とが簡易に求められる法則」として

有名ですね。

ちなみに現在の日本の金利(0.001)の場合は2倍になるまでに72,000年掛かる訳で

誰もそれを自身の目で確認する事は出来ません。

黒田日銀総裁も垂涎の金利でしょうかね?

まあ、日本と異なりそれだけ物価が継続的に上昇中という事でもありますし

長く預けても何時かハイパーインフレで紙クズになってしまう可能性もあるかも知れません。

最近上記が新聞に出ていましたが10.25%と更にすごい金利です。

 

蛇足ですが、銀行で聞いてみましたら

最近は6か月以上長期のビザを持った外国人は、利息が付く口座を開けるそうですので

長期滞在者の方は資産運用の一環として、チャットの口座を作って一部を預けても良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA