パカンジーの「ふるさと」レストラン


 
バカン遺跡対岸の近郊としてパカンジー村がございますが
こちらでは1996年から日本に本部を置く国際NGOの「オイスカ」が
農業支援で活動をしております。
 
このオイスカの研修生として日本へ派遣経験があるスタッフが
現在はこちらの村で「ふるさと」レストランを開業し
和食料理を含めてお客様のおもてなしをしております。
 
近年、バカンから対岸へは立派な橋が掛りアクセスが飛躍的に向上し
西欧人などはサイクリングで、こちらのお店へ昼食を食べに来る
ことも有るそうですが、一般の方は車の利用が中心になると思います。
 
弊社ではオイスカでの農業体験やこちらのレストランへの
ご案内も対応しております。
 
詳しくは「さくら観光」まで
 

スマイルですね

外国人でも食べやすい様に工夫をしています

料金もお手頃です


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA