泰緬鉄道の再建が始動

第2次大戦時に建設された泰緬鉄道は、戦後に廃線され現在に至っており
つい最近まではミャンマー政府軍と現地反政府組織との間で戦闘が行われており
タンビュザヤ以遠は観光は勿論のこと、外国人の立ち入りは禁止されておりました。
 

 
昨年、パアンのズエカビンホテルで停戦に向けた話し合いが持たれて以降
現地組織との間で和平に向けた話し合いが積み重ねられておりますが
今回はそれを受けて、鉄道再建に向けた動きが新たに出て来た訳でございます。
 
再建後は観光は勿論のこと、タイとミャンマーを繋ぐ大動脈となり
相互に経済発展が見込まれる重要な事業となりそうです。
 

 
静かに眠る、泰緬鉄道の機関車
 

 
タイへと延びる鉄路


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA