ヤンゴンの景色の変遷 

さくら観光事務所から眺めた、2009年と 2020年の景色の違いを見比べてみた。

説明するまでも無いと思いますが、上段が2020年、下段が2009年。

真北方向から東側方面。

惜しむらくはヤンゴン空港の管制塔までは見えないが、遠くローガー付近のミャンマービール工場なども見る事が出来る。

西側手前はゴルフ場があることと、遠方には1~2階の低層の建物が多く、樹木より低かったので未開発の様な印象であったが、近年は中層の建物がどんどん増えて開発が進んだ様子が良く分かる。

東~南側方面。

この辺りも緑が多かったが近年は大分開発され、高層建築物も増えてきた。

遠くにはティラワSEZ近くのチャイッコーパヤなども眺める事が出来る。

南~西側方面。

以前はダウンタウンの建造物なども見られたが、現在は開発が進み景色が激変している。

数多くの高層建築物が見られる。

One thought on “ヤンゴンの景色の変遷 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です