タチレクから徒歩タイへの旅

 

前週の半ば急に右腕肘に激痛が走り、先週末・今週末と2週間ゴルフを休むことにした。先週末は某コンペの幹事役であり、ゴルフは出来ないものの会には参加したため、ヤンゴンに居たが、今週末はゴルフが出来ないのであればと、土曜日の昼から出発して日曜日を利用して、短いい小旅行へ出かけることにした。
ミャンマーの7州7管区は一応全て少しは足を踏み入れたため、主だった見所は回ってきたので、少しヘンピナな処へ行ってみようと思い、ミャンマー・タイの国境で4か所あるイミグレポイントの一番北『タチレク(緬)-メーサイ(泰)』ポイントから国境を徒歩で渡って見ることにし、出来ればミャンマー・タイ・ラオスが交差するゴールデントライアングルへ行き、船でラオスの地を踏むことは出来ないかと、現地ガイドをお願いしておきヤンゴンを出発した。
泰国のメーサイからビザなし(14日以内のタチレクのみの滞在可能審査証)で、緬国タチレイへ入る日本人は、かなりの人が渡っているらしいが、逆のケースは非常に少なく、緬国のマルチビザを持っていなければ、泰国に入国後に緬国へ再入国が出来ないらしく、パスポートを預けて簡易入国できても、メーサイのみの地域でゴールデントライアングルまで行くことは出来ない。幸いにして緬国マルチビザは取得しているため、8月6日12:30発のAir KBZでヤンゴン空港を飛び立ち、何処まで行けたか旅行記で報告する。




ヤンゴン空港を12:30発 K7-826便は、1時間5分のフライト後にヘイホー空港着
インレー湖の観光地があるこの空港で大半の客を降ろし、約10分後・・・・


ガラガラになった機内であったが、ヘイホーから20名ほどの乗客が乗り込み離陸


ヘイホー空港を飛び立つと、南側にインレー湖が見え


雲を抜けて上ると、雲海上は青空で


ヘイホーから約50分で着陸体制へ、国境の町で山岳地帯と思っていたが、水田も広がり


14:40タチレク空港着陸(ヤンゴンより2時間10分)


地方空港で思った通り、飛行機からは徒歩で空港内イミグレへ


空港で外国人地域入域のイミグレに10分ほど掛かり、ようやく外へ出れ


空港からタイの国境まで約5Km、予約しておいた車で移動(↑タチレク市内へ入るゲート)


ミャンマー側の国境ゲートへ、空港から約15分で到着


予約しておいたガイドMr.サイシャンモウと待合わせし、出国のイミグレへ


パスポートへ出国印の後、地域出国の津続きへ



2か所の出国手続きを終えて、ミャンマー出国ゲートを潜りタイ側へ



タイ側まで長そうな橋に見えるが


国境のサーイ川は、この写真の様に幅が狭く(右側がタイ・左側がミャンマー)


サーイ川国境の上流側(右側がミャンマー・左側がタイ)


川を渡り切り、タイ国内へ



ここから空路で入るのと同じように、タイ入国手続き
(緬側から泰側への出入国(緬マルチビザ利用)は、滅多にないせいかお互い15分以上掛かり)


無事タイ(メーサイ)へ入国後、入国ゲートの横にある土産物屋の通路を進み


翡翠などの宝石店や土産物店を横目に見ながら前へ(北へ)


先に何やらゲートか看板かあり



此処がタイ国最北端の地だと(今回の小旅行初の観光)




最北端の地からは、先ほど渡ってきた国境越えの橋と、サーイ川があるのみ
(タイの最北端と言っても、今回の旅ではその北側から入ったので、何の感激もなし)



此処に表示してあった、メーサイの街の地図
(先ずは泊まるホテルと、国境が見渡せるスポット(丘)を確認、出入国ゲートから近場)



タイ最北端の地を見学後、ホテルチェックイン、旅行前にガイドの紹介で電話知合いになったメーサイ在住の日本人M氏宅を訪問後、この日最後の観光として国境の両国が見える『ワット・ドイ・ワオ(サソリ山寺院)』へバイクタクシーで登った(M氏お薦めスポット)



此処ワット・ドイ・ワオは、国境の街が見下ろせるヴュースポットであるのと同時に、
大きなサソリのモニュメントと、仏塔などの各種仏教施設がある


丘の上に建つ展望台は、メーサイの街からも見え目印的建造物であり
(残念ながらこの日は夕方6時となっており、閉門され登れなかった)


展望台の東側に、低い展望台があり、此処へ靴を脱ぎ登って見る事に



この展望台から両国の国境ゲートと、境界のサーイ川が見え
川の右手側がタイのメーサイの街で、左側がミャンマーのタチレクの街


タチレクの街には、寺院・仏塔が建ち


小高い丘には、タチレク・シュエダゴンパゴダが夕日を浴びて黄金に輝き


またこの展望台の上には、国王ご夫妻の像があり


また国王の像の右横には、高僧の像も


展望を下りると、大きなサソリのモニュメントがあり(寺院名の ワオ = サソリ)


また展望台の南側には、仏像の屋形があり


何体もの仏像が安置され


緑色に輝く仏像や


周囲には幾つもの仏像が安置され


一番南側には黄金の仏塔が聳え


夕日に照らされ、ベストタイミング


仏塔を礼拝するように安置された立像の仏像


これも仏塔の横に安置された仏像


ワット・ドイ・ワオから西側の山(タイ側)を見ると


中腹に変ったかたちをした寺院(ワット・タムパ・チョム)があり(翌日行く事に)


その寺院の上には、白い仏像が




夕暮れも迫り、丘を降りる事にし、東側の階段(207段)を一気に下り


降り切った所にワット・ドイ・ワオの出入口門


この門から東へ数百メートルで、メーサイのメイン道路がある
この日はヤンゴン空港~ヘイホー空港~タチレク空港~タチレク・メーサイ国境を徒歩で渡り、夕方少しだけタイ側のメーサイ観光を行う事が出来た。
夕食はメーサイ在住のM氏の紹介のレストランで楽しませてもらったが、別報告とする。
明日は未だ確定していないタイ側での車で、ゴールデントライアングルまで行けるのか、ボートを手配してメコン川を渡ってラオスへ上陸出来るのか、入国に問題があるのか、未確定だが取りあえず試してみる事にする。

続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA